老活、始めました~貯金目標・定年までに2000万~

55歳、手取り23万のバツイチシングル女子が、定年までに1000万の貯シングル女子が、定年後の「人生の放課後」を楽しく生きるための準備をします。家計簿は毎日公開、定年までに2000万円かくほするのが目標ですが、お金を使わずに楽しく暮らす方法も提案します。

Welcome これはブログの前書きです・毎日の内容は次のページからどうぞ

これは、ブログの前書きです

毎日の内容は、次のページからになります

ここでは、ブログで使っている「老活」の内容と

貯金法について、簡単に説明します

 

老活ってなに

 退職後の生活を

 「人生の放課後」として、自分らしく、大切に生きるための

 準備のあれこれのことです

 具体的には

  • 「ついのすみか」はどうするか(自宅?施設?高齢者住宅?)
  • お金はどうするか(貯金計画、年金計画等)
  • 定年後はどう過ごす?(再就職?ぷち起業?)
  • ソロ活のあれこれ
  • アラフィフからのおしゃれ情報(脱ブランド・プチプラ)

などなどです

 

どんな貯金法をしているか

 まいにち、家計簿をアップしているのですが

 少し特殊かもしれません

 

 本質てきには

 横山式とスライド貯金の合体式です

 つまり

  ① 項目は3個だけ

    ・消費(生活に必要な出費)

               ・投資(将来に必要な出費)

               ・浪費(今を楽しむ出費)← 現在は「コロナ支援費」としている

 

  ② 一カ月を三個の期に分ける

    前期、中期、後期

 

  ③ それぞれの期を12日とする

    30日分の給料で36日やりくりする

    → 6×5で、半年に一度、一か月分ズレる

      半年に一度、前月の給料がまるまる手元に残る

      これを「自分ボーナス」と呼んでいる

  

 ④ 使っていい額の枠をあらかじめ決めて、枠内で生活するようにする

    原則的には、収入のパーセンテージで決める

    (消費は60%、投資は20%、浪費は10%)

 

 ⑤ 使っていい額は、1カ月10万円

    これは、私の定年後の年金額が10万だから

    今から10万でやりくりする訓練をしておけば

    定年後も、同じお金の使い方をするだけですむから

    「軟着陸」ができる

 

以上、プロローグはここまでです

次の記事からが、毎日の内容となります

 

 

 

大河ドラマ・鎌倉殿の13人 第3回までのあらすじ

年が明けてから

ずっと興味があって、ずっと見たかったけれども

ファイナンシャルプランナーの試験勉強のために

おあずけにしていた大河ドラマ

「鎌倉殿の13人」

先週の日曜日までに第3回まで進んでしまった分を

ビデオと再放送を見て、やっと追いつきました

 

私の大好きな三谷幸喜サンの脚本です

鎌倉時代は、正直、あまり好きな時代でもなく

知っている人も、北条義時と政子

あ、そういえば、梶原景時も知っていました

あとは義経、頼朝、あとは早くに殺されてしまった

源氏の若い将軍たちくらいでしょうか

登場人物もかなりたくさんいそうですので

キャラクターを覚えられるか、不安だったのですが

 

見分けるどころか

まだ三回しか進んでいないのに

今まで全く知らなかった、ほぼ初対面の

東武士たちの立場や性格まで、良くわかり

ちょっとファンになったキャラクターまでできました

 

第三回までのストーリーを大まかにまとめると

源頼朝は伊豆に流罪の真っ最中

それでも、土地の豪族の後ろ盾欲しさに

有力武家・伊藤家の娘に手を出し、子供も生まれた

ところが、伊藤家の主は平家派

これに激怒し、自分の孫にあたる頼朝の子供も殺してしまい

頼朝も討つ、と兵を率いてきたところ

頼朝ファンの北条の長兄のおかげで

頼朝は北条の館に守られている

伊藤家と北条家は一触即発までいったけれども

伊藤家よりもさらに力のある家の仲介で

頼朝は、伊藤家とは縁を切り

政子と結婚して、北条家の婿に収まります

 

そこへ、都から以仁王源頼政から

頼朝へ、平家に対して反乱を起こしたから

協力して兵をあげよ、という手紙が来ます

協力しない、と決めてから間もなく

乱が鎮圧された、という知らせか届き

参加しなくてよかった、とほっとしたのもつかの間

頼朝に追手がかかったと知らせる手紙が届きます

これは実際には、

頼政たちの残党狩りのための兵を

都にいた、頼朝の協力者が早合点しただけだったのですが

頼朝は、協力しなくても追手がかかるのなら

兵をあげるほうがまし、と反乱を決めます

と、ここまでが第三回までのあらすじですが

 

登場人物は、実際はこの10倍くらいです

ですが、その一人一人が、はっきりと個性を持ち

いわゆる「キャラが立って」います

 

主人公の北条義時は、振り回され型の陰キャです

実際、地味で、控えめで、慎重で

全然、主人公らしくまありません

 

いかにも、主人公的な性格、つまり

さわやかで明るく、元気で前向き

ちょっと思慮の足りないところもあるけれども

そこがいい、という

いかにも、少年ジャンプの格闘マンガや

人気漫画「ワンピース」の主人公のようなキャラも

いることはいるのですが

このドラマでは主人公ではなく

主人公の兄になっています

ところが、この兄がノリと勢いでさわやかに突っ走る方向が

トンデモナイあさって方向で、

「頼朝支援」「打倒平家」「反乱勃発」という

モロに政治活動ど真ん中

一番知恵を絞らなくてはいけないところに

一番知恵のない人がしゃしゃり出てくるのですから

どうみても、「さわやかな疫病神」です

それなのに、魅力的で好人物で憎めないので

ますますタチが悪くなってきます

 

日本史に関しては、かなりのうろ覚えなので

あまりあてにしないで欲しいのですが

確か、このお兄さんは史実でも

かなり早い段階で退場していたように思います

わずか三回目のドラマですが、見ていて

「この人が一番討ち死にしそう」だと思いましたから

ひょっとして、史実でも討ち死にを遂げているのかもしれません

 

あらすじではほとんど触れられませんでしたから

主人公のお父さんも、いいキャラです

人の良い、田舎者

都の大番役を務めていた二年間の間に

都の女性に一方的に惚れて、猛烈アタックの末に後妻に来てもらった

しかも、結婚は三度目です

この後妻が、都から関東ごときに流れてきたからには

相応の力を得なくては、と思うような野心家で

貴方には、伊豆は狭すぎます、私の目には狂いはありません、と

おだて半分で、この単純で善良な

田舎者に火をつけます

それに、「そうぉ?」などと,やにさがって答えながら

膝枕をしてもらっている姿や

都の高官や、都から来た役人に

お土産に「新鮮お野菜セット」を持って行っては

邪険にされる様子などを見ていると

本当に、この人はかわいいなぁ、と

見ているこちらが、やに下がってきそうです

 

頼朝の「人たらし」ぶりも見事です

「人たらし」といえば、日本史上は秀吉ですが

どんなドラマを見ても、さほど「人たらし」という

感じはしませんでした

ですが、この頼朝は、まさしく「人たらし」です

 

頼朝が後ろ盾にしようとして失敗した「伊藤家」は

それ以前に、ほかの武士から土地、ついでに奥さんも取り上げて

恨みを買っていました

その武士は、伊藤家の血縁ですし、

いまでは力も財産もないので

伊藤家に、帰してくれと哀願しては断られ

仲間に泣き言を言っては、迷惑がられていたのですが

伊藤の家に、自分と伊藤の娘との間の子を殺された直後

頼朝はこの武士を招いて

「伊藤を殺せ」と命じ

頼朝の命令なら、気も楽だろう、と一言添えます

つまり、この武士は伊藤家に対して腹は立つけれども

親戚のよしみで、殺意までは無かったのを

「頼朝の命令」という大義名分を与えたことで

はっきりと、殺意を植え付けたわけです

そのうえ、この武士の生活の面倒を見る、と言い出します

はい、これで暗殺者一名、出来上がりです

 

3分あるかないかの、短いシーンです

これは、すごい、と思いました

 

もともと、三谷幸喜サンは群像劇が得意です

欠点があるからこそ、その人が光り輝き

欠点が魅力になる、という人物をよく描きます

13人に入っていないキャラクターたちが

これだけ魅力的なのですから、今後、どんな人が出てきて

どんな散り方をしていくのか

今年一年、本当に楽しみです

「鎌倉殿の13人」と「雲霧仁左衛門」で

今年は、受信料分楽しませていただくことにします

 

さて、今日の支出ですが

ガーデニング用の土と移植ごてを買い込みました

今日と明日で、おととい買い込んできた花の

植えつけと、植え替え

大河ドラマ+花まみれ?の週末を

ゆっくりと過ごすことにします

 

支出      

投資(ガーデニング用品) 550円

 

残額(2月2日まで)      

消費              11432

コロナ支援費     2200円

投資            1274円

予備費                  800円

家管理費積み立て   2千円

ボーナス      30000円

 

貯金総額

 プール貯         31146

 自分小遣い           1373

家管理費積み立て    5万2千円

 

定年後用貯蓄      421万5千円

目標残額      1578万5千円

 

f:id:chokkina:20211226232243p:plain

421万の預け先 やっぱり堅実なところにします

現在の定年後向け貯金は421万5千円

55歳で公務員に転職してから

約2年間で貯めた額ですから

自分としては、かなり上手に貯められたと思います

まさに、自分で自分をほめてあげたいのですが

そこそこ貯金ができてくると

この資金をどう増やすかな、ということが

どうしても気になってきます

 

定年後用の資格ですから

危険は絶対に避けたいところです

例えば、株につぎ込んで溶かしてしまったら

もうほぼ確実に、取り返しがつかないでしょう

 

かといって、単に銀行に預けていたのでは

利息はほとんどただ同様

あまりにも悲しい額です

 

債券、というのも一つの手だと思います

ですが

つい数週間前に売り出された

ソフトバンググループの社債は、30年償還ができない

つまり、30年の間、社債という形でもつていなてはならず

現金に変えられない

どうしても現金が欲しいときは、証券会社で売ってもらうことになるけれど

それには、手数料がかかるから

手数料以上の利息が付かない場合には

そのまま、赤字になる、という

なかなかどうして、腹立たしいシロモノでした

 

で、考えました

利息を現金でもらおう、というのは諦めます

ですが

その代わりに、例えば、美味しい食材などの

豪華プレゼントがあったり

懸賞で何か当たったりする

楽しい銀行口座はないだろうか、と

 

そして、見つけました

高知銀行のネットバンキング

よさこいおきゃく支店」の定期預金です

コースは300万と500万の2コース

募集は毎年、4月と10月です

私は、500万コースを狙っているので

半年くらい預かってくれるような

短期の定期預金に預けて

10月に、高知銀行の募集をまって

そちらにうつそうと思っています

 

この銀行は、全員プレゼント型の定期預金なのですが

このプレゼントが、けた外れに豪華です

四国の四万十川でとれたウナギのかば焼き二人前、とか

ぽんかん二箱、とか

国産霜降り和牛すき焼き用肉500グラムとか

これを、年に二回もらえます

 

500万たまったら、すぐに高知銀行にしますが

それまでの9か月間は

定期預金の中でも、一番お手軽でいて

金利が豪華な、新生銀行の2週間満期預金にして

ちびちびと増えるのを楽しみにしようかと思っています

 

銀行は他にも

宝くじの当たる定期預金や

豪華景品の当たる定期預金など

探せば、面白そうなものがたくさんあります

私の調べたところでは

全員プレゼントは、高知銀行が一番豪華でしたが

懸賞は、最大額10万円の現金が当たる

城南信用金庫の定期預金が一番のように思います

ちなみに、私はここの定期預金が懸賞に当たり

カタログギフトをもらいました

魚の干物、8枚セットを注文して

父と二人、ほぼ一週間

銀行のおごりで、美味しくいただきました

 

我ながら、地味な方法ばかりを選んでいますが

このところ、株の乱高下を見ていると

どうにも怖くて

株や先物取引に手を出す気はなくなりました

特に

昨日、ウクライナ民兵とロシアの間で小競り合いが起き

ウクライナ民兵に五人もの死者が出ています

EUには新NATOもできたことですし

今後、どうなっていくことやら

穏やかにすんでくれればよいのですが、と

半分、祈るような気持ちでいます

財政的なことを言えば

不確定要素があまりに大きくて

投資の中でも、値動きの激しいものは

やはり、ちょっと怖いです

 

さて、今日の支出ですが

ノーベイデイを達成しました

昨日の大散財で、なんとなく気が済んだようです

今日は、早く帰宅し、ゆっくりと料理を作り

しばらく猫と遊んで

残りは勉強にあてました

 

だんだん、少しずつ

生活リズムも気力も回復しつつあるようです

 

残額(2月2日まで)      

消費              11432

コロナ支援          2000円

   (キャリーオーバー 800円)

投資            1824円

予備費                  800円

家管理費積み立て   2千円

ボーナス      30000円

 

貯金総額

 プール貯         31146

 自分小遣い           1373

家管理費積み立て    5万2千円

 

定年後用貯蓄      421万5千円

目標残額      1578万5千円

 

f:id:chokkina:20211226232243p:plain

どうにも気力のわかない時の復活方法・今日は大散財

日曜日のファイナンシャルプランナーの試験を

不戦敗にして以来

どうにも、気力がわかなくて困っています

なんだか、何もかもがどうでもいいような

投げやり、というか、ふてくされ、というか

 

こうなったら、今日は思いっきり

気分転換の一日にしようと思いました

 

とはいえ、何をしようか、としばらく考えて

大散財をしてしまうことにしました

考えてみれば、たしかに少なくともこの半年以上

衝動買いも、散財もしていませんから

パーッ、と派手に使うのも

一種のカンフル剤にはなりそうです

赤字を出さない範囲で

欲しいけれど、迷っていたものを

ガンガン買うことにしました

 

① 六花亭の「1月度 おやつ屋さん」 3200円

   これは、北海道を代表するお菓子屋さん

   「六花亭」が、昨年、北海道にコロナがまん延し

   観光客がいなくなり、空港などでのお土産が

   全くと言っていいほど売れなくなってから始めた

   いわば「福袋」のようなセットです

 

   毎月内容は変わりますが、お値段は3000円とクール宅急便代の200円

   ここは、毎月共通しています

   お菓子は大体20個入っています

   かの有名な「バターサンド」も三本くらいは

   必ずあります

   お菓子の内容については、ホームページで

   商品写真が公開されていますから

   興味をひかれた方は、先にこちらを見て

   どれだけお買い得か、納得してからポチる方がいいかもしれません

   約半値くらいです

 

   今月のセットは、「お年玉」として

   イチゴジャムのサービスがついてきます

   ダイエット中で、甘いものは控えてはいるのですが

   まず、気力の回復を優先です

 

   それに、六花亭という会社は

   社員の有給休暇取得率が90%を超えているというのでも

   有名な、スーパーホワイト企業です

   社員を大事にする会社なら

   ほかの会社の社員や、私のような働く公務員から

   大事にしてもらうのが、「めぐる因果の糸車」というヤツです

   というわけで、食欲9割、応援1割のお買い物です

 

② キャットフード 六個セット 3200円

   ちょうど、明日まで楽天

   ポイントがたくさんつくサービスをやっていましたので

   この際、多めに買い込んでしまうことにしました

   なんといっても、コロナの状態はこうですから

   私と父が同時に倒れて

   愛猫のご飯を買いに行けなくなる、ということは

   十分にありうることです

   最悪、20日間買い物に出られなくても

   愛猫、のえるさんが、おなかがすいてしまわないくらいの

   キャットフードの買い置きは必要でしょう

   必需品とはいえ、パッと景気よく買い込むのは

   なかなか楽しいものだったりします

 

③ モリーママの半額ラスク 2700円

   神戸のラスク専門の名店、モリーママ

   ここが、賞味期限の近くなった商品を半額で出しています

   とにかく、サクサクです

   一つずつ、小袋に入っているパターンと

   500グラムくらい、大袋に入っているパターンがあるのですが

   どちらも、サクサク中のサクサク

   ラスクなんて、どこのものでもサクサクだろう、と言われそうですが

   ここのサクサク度合いは、頭一つ抜けています

   多分、目隠しをしてラスクをかじってみろと言われても

   モリーママのラスクだけは

   味わう以前に、歯ごたえだけで100%当てられると思います

 

   ここの「半額福袋」は

   一時、コロナの人数が減り

   神戸にも観光客が戻ってきたときには

   ネットから消えていたので

   私としては、安く買えなくなったのは残念だけれど

   お店のためには良かった、と

   少しだけ、複雑な思いで、それでも胸をなでおろしたものでした

   それが、また復活しています

 

   これは、買わざるを得ないでしょう

 

   甘みも上品で、あっさりとしているのにコクがあり

   食べると減ってしまう、もったいない、と思いつつ

   軽くてさわやかなので、手が止まらず、どんどん食べてしまいます

   私のイチオシラスクです

   絶対になくなって欲しくないお店への、応援買いです

   ちなみに、ここも楽天のセール中です

 

④ 鉢花  1160円

   通勤経路の途中にある、格安の花屋さんに

   ちょっと寄るだけ寄ってみたところ

   すっかり、春の花になっていました

 

   まだ芽だけのチューリップ、ヒヤシンス

   咲き誇っているのは、パンジービオラサクラソウラナンキュラス

   アザレア、水仙、それに、ポリアンサ

   ポリアンサには「格安」の立て札が立っていました

   「一鉢 55円」

 

   これなら、一鉢だけではなくて

   ほかの花や、カラーリーフと合わせて

   寄せ植えを作ろう、と思いました

   淡いピンクのポリアンサを選び

   同系色のガーベラ

   グリーンはヒデラ

   これでいいか、と思ったところで

   見つけてしまいました

   私の大好きな花、オダマキです

   しかも、濃い紫色と、赤みがかったえんじ色

   ちょうど、前の花が終わりになって

   プランターが空いていたところです

   一鉢200円でしたから、二つほど買い込んで

   

   レジに持って行ったところ

   カウンターに並んでいたのが

   百合の球根、しかも「カサブランカ」です

   普通なら、1500円くらいするのですが

   なんと、550円

 

  これだけ買い込んだ合計が、1160円です

  今日と明日は、仕事が忙しく

  帰りが遅いので、外には出られませんが

  土日は、花の苗と格闘して

  一日、ベランダガーデニングを楽しむことにします

 

晴れるといいなぁ、と思うにつけ

なんとなく、エネルギーがみなぎってきました

ちょっと土が足りなそうなので

明日の帰りは、途中下車して

百均屋さんで土と肥料を買ってくることにしましょう

土曜日はちょっと早起きして

ジンジャーココアで体を温めてから

日向ぼっこがてら、花の世話をしましょう

 

終わったことは終わったこと

もういっぺん、前を向きなおして

今度は、

「試験の日が来るのが楽しみです

 ボーダーラインを二割くらい超えています」と

ブログに書けるように

頑張ろう、という気になってきました

 

大散財はしましたが

 

今日の出費のうち、花は投資から

六花亭は、コロナ支援費から

モリーママは、消費から

キャットフードは予備費から

それぞれ出すことにしました

そうしたら……

なんだか、大丈夫そうです

あと六日、爆発さえしなければ

何とか、予算枠に収まりそうです

ひとまず、安心できました

 

支出      

消費(モリーママ)     2700

コロナ支援(六花亭)      3200円

投資(花)        1160円

予備費(キャットフード) 

                             3200円

残額(2月2日まで)      

消費              11432

コロナ支援          2000円

   (キャリーオーバー 800円)

投資            1824円

予備費                  800円

家管理費積み立て   2千円

ボーナス      30000円

 

貯金総額

 プール貯         31146

 自分小遣い           1373

家管理費積み立て    5万2千円

 

定年後用貯蓄      421万5千円

目標残額      1578万5千円

 

f:id:chokkina:20211226232243p:plain

ファイナンシャルプランナー1級 1月試験のこと

私の目標は

ファイナンシャルプランナー1級の合格です

「定年までにやりたいこと」シリーズの

第1回にも書いたくらいです

 

ファイナンシャルプランナーというのは

早い話が

家計相談の専門家です

定年後に、いくらお金がかかるのか

年金はいくらもらえるのか

特に、仕事を続けていたら年金が減るという

システムがあるのですが

収入がいくらなら年金が減り

いくら以下なら、減らずに済むのか、という話や

家を相続するときの、相続税の節税の仕方など

知っておいて損はしない知識を勉強し

いざとなれば、すぐに電卓片手に

実際の額を計算できるようになれる

コンサルタント系の資格です

 

私は、定年後は

老活や、在宅ひとり死と絡めて

必要なお金や節税の方法などをまとめた

メルマガを出したいと思っていますので

なんとしても、定年までに

ファイナンシャルプランナーの資格が欲しいところです

 

とはいえ、決して簡単ではありません

特に、1級ともなれば

テレビで活躍している、荻野先生たち並みの

知識量が必要ですから

ほとんどが、受けに来るのは

銀行、保険、証券関連の社員さんばかり

全く傾向違いの、公務員など

私くらいのものかもしれません

それだけでも、結構なハンデではあります

 

去年の5月から勉強を初めて

9月の試験にはものの見事に落っこちました

とはいえ

一度の失敗でめげてなんていられない

合格率は10%くらいの試験なのですから

むしろ、落ちる方が当たり前

落ちる方が圧倒的な多数

パーセンテージから言っても

10回受けて、最後に受かればいいや、と

割り切れるだけ割り切って

勉強を続けておりました

 

1月試験の直前で

それでも、なんとかボーダーライン近くまではきました

ですが

コロナの人数も、一万人を超えました

私の受験予定地は、東京の神田

新宿や池袋でないだけ、人出は少ないかもしれませんが

私はぜんそくの基礎疾患持ち

しかも、88歳の父と二人暮らし

安全を考えるなら、試験は諦めて家で過ごすべきだ、というのは

言われなくてもわかりました

 

ですが、受験料は1万円と、かなり高額です

正直、楽に払えたお金ではありませんでした

それに、今までの頑張りのことを考えると

あきらめきれない思いもありました

 

ですが

背に腹は代えられません

命あっての物種です

 

すっぱりと、諦めました

先週の日曜日の試験は、不戦敗です

 

試験は逃げません

五月に受ければいいだけのことです

しかも、ネットの反応によれば

今回の試験は、突然、難しくなったそうですので

たとえ受けに行っても

普段がボーダーラインの点数しか取れないのでは

まず、落ちていたでしょう

 

五月に向けて再始動、と思いはするのですが

どうも、気分が盛り上がりません

なんだか、消化不良で気が抜けたようで

勉強にも身が入らなくて、困っています

せめて、受験勉強でぐちゃぐちゃになった家の中の

掃除でもしようと思うのですが

それでも、体が動きません

 

仕方ない、

今週いっぱいは何もせず

週末のお休みから、再始動をするように

プランを立て直そうかと思います

 

さて、今日の支出ですが

ノーベイデイで乗り切りました

というより、買い物に行く気まで

起きなくなりました

どうにも、困ったものです

 

 

残額(2月2日まで)      

消費              14132

コロナ支援          2000円

   (キャリーオーバー 4000円)

投資            2984円

予備費                 4000円

家管理費積み立て   2千円

ボーナス      30000円

 

貯金総額

 プール貯         31146

 自分小遣い           1373

家管理費積み立て    5万2千円

 

定年後用貯蓄      421万5千円

目標残額      1578万5千円

 

f:id:chokkina:20211226232243p:plain

クラウドファンディングのサイトはワクワクの宝庫

私の勤め先のある東京は

今日もコロナの感染者の最高人数を更新しました

1万2千人といわれても、

なんだか、数が多すぎてかえってピンときません

 

ここまで感染が拡大しては

やることは決まっています

私はぜんそくの基礎疾患があるうえに

88歳の父と同居していますから

絶対に感染できません

となると

私はエッセンシャルワーカーなので

毎日仕事にはいかなくてはいけませんが

それ以外の外出は、体力維持のための散歩程度

極力控えて、ステイホーム

 

それでも、かなり楽しく暮らせるのは

去年一年間で経験済みです

さすがに、11月に予約したミュージカルだけは

何とか見に行きたいとは思っているのですが

この分では、遅くとも来週には

緊急事態宣言が出そうですから

そもそも、舞台の公演事態をやらない可能性が出てきました

 

一月前から予約していた

料理学校のレストランイベントにも、キャンセルを入れ

少しばかり、がっくりとは来たのですが

ここは気持ちを切り替えて

久しぶりに、大好きなクラウドファンドのサイトに

遊びに行くことにしました

 

クラウドファンドとは、とても早く言って

「スポンサー募集」のことです

ただ、「何のスポンサーか」が

募集の内容が千差万別、個性的で、ユニークで

一般のデパートやお店では、まず見られないものも多く

本当にいろいろとあって、見るだけでも楽しくなってきます

 

例えば

宝石屋さんが、欠けがあって商品にできない宝石を

1月千円で、一粒ずつ送ります、というグループや

暴力団事務所を映画館にするプロジェクトや

紙幣と硬貨を自動で分けるお財布や

高齢で農業を引退する老夫婦の作った

最後のサツマイモ2キロセット

北海道の旭山動物園応援プロジェクト

……なんと、このプロジェクトに参加すると

  リターンと呼ばれている「返礼品」として

  動物園でとれたクジャクの羽根のストラップを

  送ってもらえるそうです

  ただ、寄付金は8000円ですが……

 

どれも、単なる資金集めではなく

夢や、やりたいことがたくさん詰まっていて

会ったことはないけれど

ぷち起業の起業家さんたちと直接

夢の話をしているようで、とても面白く

こちらまで、勇気を分けてもらったような気になります

それに、この「リターン」も

ユニークでありながら

手の届く価格のものが多いのも魅力的です

 

私が今、一番気になっているのは

鮎の養殖所をやっている人のプロジェクト

鮎の尾頭付き冷凍・中5匹が2セット、と言いますから

合計10匹で3400円、干物なら9匹で4000円

かなりのお買い得、とみました

 

私の近所のスーパーでは鮎の取り扱いはありません

最後に食べたのも、たしか6年くらい前

京都の天神さんの市で、鮎の塩焼きの屋台が出ていた時でしたので

なんだか、猛烈に食欲を刺激されました

父も、川魚は泥臭くてあまり好きではないけれど

鮎だけは例外的に、大好きとのこと

まだ注文していないのは

単に、鮎本体を買うか、干物を買うか

決められずにいるからです

〆切までは、あと5日くらいあるとはいえ

我ながら、本当に決断力のないことです

 

さて、今日の支出ですが

今日は、めずらしく二時間の残業があり

少し、ヘロヘロになって帰ってきましたので

帰りがけに、スーパーのお惣菜を買ってきました

その分、けっこうな割高になってしまい

これでは、残業代がお総菜代になったようなもので

つまらなかったなぁ

もう少し、何か工夫をしたいなぁ、と

つくづく実感しました

 

 

支出      

消費(食費)  1852円

 

残額(2月2日まで)      

消費              14132

コロナ支援          2000円

   (キャリーオーバー 4000円)

投資            2984円

予備費                 4000円

家管理費積み立て   2千円

ボーナス      30000円

 

貯金総額

 プール貯         31146

 自分小遣い           1373

家管理費積み立て    5万2千円

 

定年後用貯蓄      421万5千円

目標残額      1578万5千円

 

f:id:chokkina:20211226232243p:plain

秋篠宮家って大丈夫なの? 今度は悠仁さまの進学問題

私の職場は、いろいろな省庁の人の出入りがあり

裏話をちょっと教えてもらえるのが

何よりの楽しみだったりします

 

さすがに、この頃はコロナの影響もあり

長話はあまりしなくなったのですが

職場ではボヤけない話を

他所の省庁でボヤいて帰る人が多いのも事実です

 

今日、久々に宮内庁の友人に会いました

M子がいなくなって、抗議の電話が少なくなってから

……まだ、「完全に無くなる」というところまでは

  いっていないのだそうです

  何かにつけて、ニュースになるたびに

  抗議電話が鳴り始める

  もう、何年にもなるけれど、やはり慣れない、と苦笑いをしていましたが……

 

また、どっと増えてきたのだそうです

今度は、悠仁さまの進学問題だそうです

 

まあ、そうでしょうね

私は、公務員になる前は塾の講師をしていましたので

「筑附に横滑り」というのが

どれほどトンデモナイ話かは

多分、誰よりも良く知っていると思います

 

そもそも、筑附は

少なくとも、関東圏では一番の高校です

開成や筑駒よりも、頭一つ上です

なので

中学入試では、例えば関西では

塾の力量は、灘中に何人入れたかで測られるのと同じように

高校入試をやっている塾では

筑附に何人入れたか、というのが

大きな評価ポイントになります

 

筑附志望の生徒を教えられる講師は

塾の講師の中のトップ中のトップだけ

いわば、「講師のエリート」です

こうした人たちには、ほかの仕事は振らず

ひたすら、筑附入試に専念してもらいます

 

筑附を受ける生徒も、いわば

「選ばれた人」だけです

筑附受験コースに入りたいと言っても、成績の振るわない生徒は

選抜試験で落とされます

中一の段階で、公立校なら学年トップは当然のこと

トップが集まる塾の中でも、毎回、

模試の成績優秀者のランキングに入るくらいの生徒が

三年間、土日も夏休みもなく、毎日勉強を積み重ね

直前期には八時間以上平気で勉強を重ね

おそらく、英語に関しては

いますぐ大学入試の共通テストを受けても

そこそこの点数は取れるのではないか、というレベルになって

受けに行く学校です

少なくとも、共通テストの必須単語は、全部頭に入っているレベルです

 

それでも、生徒の全員を合格させることはできません

涙を飲む生徒は、必ず何人か出てきます

不合格だった生徒が

合格した友人に、今度は東大で会おう、と約束して

塾を卒業していきます

それを、毎年に見てきました

……私は当然ながら、筑附担当講師ではありませんでしたので

  本当に、わきから「見ていた」だけですが……

 

そういう学校に

テストもせずに、横滑りで入ろうなどと

率直に言って

ずうずうしいにもほどがあります

 

そもそも、御茶ノ水から筑附への

「横滑り」制度ができたのは

ちょうど今から五年前

悠仁さまのお年に合わせたようなタイミングでした

もちろん、今までに使った人など一人もいません

悠仁さまが利用するなら、最初で最後の生徒になるでしょう

これは、「皇族特権」と言われても

仕方がないのではないかと、私も思います

 

それに、先祖が近畿の豪族だと

どうして入試を受けなくても高校に入れるのか

原因と結果の間に合理性が無いと思います

 

勉強もロクにしていない生徒が

行くような高校ではありません

この年末年始は机に向かったことが

ニュースに取り上げられてしましたが

年末年始に勉強をしない中3生は

おそらく日本中探しても、かなりレアな部類に属します

私の働いていた塾では

中3どころか、中2の生徒も

年末年始の8時間特訓に参加するのが普通でした

ちなみに、この特訓は1日8時間

講師も年末年始にはとても休めませんでした

 

正直に言わせてもらえば

親の見栄か、本人の見栄か、そこは分かりませんが

実力もないうえ、努力もできないのに、筑附などに入ったら

まず間違いなく、地獄を見ると思います

 

授業にはまったくついていけないでしょうし

ほかの生徒達の大学実績を落とすわけにはいきませんから

先生たちも、授業レベルを落とそうとはしないでしょう

何もわからない話を

一時間ずつと座って聞いていなくてはいけない

しかもそれが毎日六時間

しかも、これが三年間も続くとなれば

それだけで十分に拷問だろうと思うのですが

私が一番「まずいんじゃないの」と思うのは

入った後の人間関係です

 

周りの生徒たちはすさまじい学力の持ち主ばかり

オマケに、それでも自分の仲間や親しい友人が試験に落ちた、という

経験をしていない生徒はいませんから

その友人や知人よりも学力の低い人が

試験も受けずに入学してきたら

「あの人が入るくらいなら、あいつを入れてやればよかったのに」

「あの人が一人分の席を取ったから、あいつが入れなかったんだ」という

強い反発は覚悟しなくてはいけないと思います

友達になろうという相手は、まずいないでしょう

高校生の時期というのは、多分、人間が一番純粋で

それでいて、まだ成熟してはいないので

どうしても、幅のようなものはまだ身についておらず

純粋で、混じりけなしの正義感から

無残なまでに、他人を傷つけることがあります

実力もないのに横滑りで入ってきた人に対して

生徒達の「正義」は明らかに牙をむくでしょう

裏口入学」に関連するような

あだ名くらいは覚悟しなくてはいけないでしょう

 

日本史の授業もあります

この頃の教科書では

天皇家は本来は近畿地方の豪族」と

はっきりと書いてありますから

宮内庁の担当者のように、敬ってもくれないし

男系派の議員のように、神格化してもくれないでしょう

それに、保元・平治の乱あたりになれば

天皇上皇法王入り乱れての

下半身親戚スキャンダルも出てきます

学習院あたりなら、このあたりは手加減して

ぼかしてくれるかもしれませんが、

この先、東大を受けようという生徒ばかりの集団では

学問的な解説を優先するでしょう

冷笑してくるクラスメートは、必ずいるでしょう

 

もっとエグイのが、数学です

受験校の数学の試験は、遠慮なくゼロ点をつけてきます

授業も良くわからない、人間関係も良くない

ヘタをしたら、一緒にお弁当を食べてくれる人も

できるかどうか、あやしいところでしょう

そのうえ、

年に五回あるテストのたびに

自分の知力や理性を否定されるような点数を見続ける3年間

幸せな高校時代が過ごせるとは思えません

 

相応の実力があり、試験を通って入学するのなら、

もちろん、話は全く別ですし

その努力はたたえたいと思います

ですが

皇室特権でゴリ押しをする

努力をせずに、欲しいものは全部

血筋と性別を理由にむしり取っていく

その先、どんなことが起きるかは

全く考えない、ということなら

 

褒められたものではないなぁ、と思います

M子の結婚以来

秋篠宮家不要論」というのが増えてたそうですが

私は不要かどうか、という前に

このご一家、大丈夫だろうか、と心配になってきます

 

さて、今日の支出ですが

文具を少し買いました

百均で買ったハサミが、

とうとう動かなくなったので

新しいものに買い替えです

あとは、手帳デコ用の素材をいくつか

今年は猫モチーフで作ろうかと思っています

 

支出      

投資(文具)  2016円

 

残額(2月2日まで)      

消費              15984

コロナ支援          2000円

   (キャリーオーバー 4000円)

投資            2984円

予備費                 4000円

家管理費積み立て   2千円

ボーナス      30000円

 

貯金総額

 プール貯         31146

 自分小遣い           1373

家管理費積み立て    5万2千円

 

定年後用貯蓄      421万5千円

目標残額      1578万5千円

 

f:id:chokkina:20211226232243p:plain

定年までにやりたい100のこと その⑪ 体重を49キロに戻す

自分の書いたリストをみていて

おや、と思いました

当然、もう挙げているつもりでしたが

まだ書いていなかったのですね

 

本来なら、これが一番先に来なくてはいけない

基本的な項目でした

 

なぁんだ、ダイエットか、というなかれ

これは、相当深刻な問題なのです

 

美容の点も、確かにあります

美容院に行って、髪を切るたびに

にゅっと突き出したほっぺたに絶望ににた気持ちを抱き

「絶対にやせよう」と決心しつつも

家に帰れば、まずファイナンシャルプランナーの試験勉強

それが終わったら、スペイン語の単語暗記と

座ってする勉強が忙しく

ついつい、運動不足になりがちです

特に、夏の間、一日六時間の猛勉強をしたときに

体重が四キロ増え、その後もまだ元にもどらず

本当に困り果てている状況です

 

ですが、一番心配なのは、健康のことです

夏の間は、コレステロール中性脂肪が急上昇し

血液検査の結果、ほとんどすべての項目が

「要注意」がつくという

トンデモナイ結果になりました

コレステロール値を下げるには

まず、体重を落とすこと、これは必須です

 

もう一つ、膝が痛くなり始めました

膝が痛くなる原因は、

膝の軟骨がすり減って、骨どうしが

直接当たっているから、なのだそうです

そして

膝には、体重の五倍の重みがかかる

体重が重ければ重いほど、膝に負担がかかり

軟骨は早くすり減り

膝の痛みが強くなる、というシステムなのだそうです

 

ううむ、これは困りました

私は散歩が大好きです

家の近所を一回りしてくるだけでも

この時期には、サザンカをきれいに咲かせている家や

パンジービオラを並べているお花屋さんの前を

一回りしてくれば

なんとなく、ぷち花見をしてきたような気分になります

しかも

私のご近所は、花の好きな人が多いらしく

藤棚のあるお庭、ガーデンシクラメンがきれいな玄関

芝生とチューリップで、花園のようにしてあるお庭と

毎月毎月、散歩しているだけで

花を楽しめる、眼福な町になっています

 

この時期の楽しみは

夕方の五時少し前に出る、一番星です

冬の空気は澄んでいるのでしょうか

都会の真ん中で、まだ夕日の赤さが残っていても

とてもきれいに、くっきりと見えます

それを、ちょっと大きな坂を上り切って、見晴らしのいいところから

眺めるのが、大好きです

ささやかとはいえ、冬には欠かせない楽しみの一つです

 

それが

膝の痛みで、坂が上れなくなったら

しかも、その原因が

自分が体重をコントロールしなかったから、

というのでは

自分のマヌケかげんに、泣くに泣けない思いがします

 

自分の好きなものを見るために

自分の足で歩けるようにしたい

それを妨げる皮下脂肪には

さっさと縁を切ってしまいたいです

 

ちなみに、49キロというのは

出産前の私の体重です

お母さんになってから、かなり過激に太りましたが

母親業も卒業してかなり経つことですし

せっかく、自分のために生きられるようになったのですから

自分の元の体重に

戻してしまいたいものです

 

なお、ウォーキングとなわとびだけでは

もう一つやせませんでしたので

仕方ありません、食事制限、特に、甘いものと間食を

ぴったりとやめてみようかと思っています

 

ダイエットが成功したら

そのうちに報告も書きますね

 

さて、今日の支出ですが

ほとんど、何もなくなっていましたので

洗剤、シャンプーからカボチャ、食パンまで

とりあえず、試験前で買い物に行けなかった分の

爆買いをしてきました

お値段も、そこそこになってしまっていますが

まあ、これは数日間の

ノーベイデイの反動、と

半分諦めることにします

 

支出      

消費(食費・日用品)  4016円

 

残額(2月2日まで)      

消費              15984

コロナ支援          2000円

   (キャリーオーバー 4000円)

投資            5000円

予備費                 4000円

家管理費積み立て   2千円

ボーナス      30000円

 

貯金総額

 プール貯         31146

 自分小遣い           1373

家管理費積み立て    5万2千円

 

定年後用貯蓄      421万5千円

目標残額      1578万5千円

 

f:id:chokkina:20211226232243p:plain