55歳シングル女子が定年までに1000万円貯めるブログ

55歳、手取り23万のバツイチシングル女子が、定年までに1000万の貯金にチャレンジします。家計簿や、お金を使わずに楽しく暮らす方法も提案します。

今日の22時から、絶対見ます NHK クローズアップ現代プラス 「同居孤独死 親と子の間に何が起きているのか」

我が家では、夕食後には一緒にお茶を飲み、

小さなお茶菓子を食べ

父はスポーツの試合があれば、

たいていそれを見て(除プロレス)

私は、フィギュアスケートや、ゴルフのマスターズのような

好きなスポーツか、有名な試合なら父にお付き合い

そうでなければ、自分の部屋に戻って

NHKの9時のニュースと、面白そうなネタをやっているときには

次の「クローズアップ現代」を見る、という

スケジュールなのですが

 

今日は、何の気なしにテレビ欄を見て

今日のクローズアップ現代プラスは、絶対に見ようと思いました

なぜって

そのタイトルが「同居孤独死 親と子の間に何が起こっているか」だったからです

 

どんな内容だろうと、急いで番組のホームページを見たところ

今、同居している親が死んでいても

子供が気が付かないケースがとても増えている

子供はごく普通のサラリーマンで、虐待などをしているわけでもない

なのに、どうして一つ屋根の下で暮らしていて

こんなことになるのか、という内容だそうです

三つの家族に取材した、ということなので

番組としての信ぴょう性もかなりありそうです

 

実は、タイトルを見ただけで

「そうだろうな」と思いました

そして、私が「将来の目標は、幸せな在宅ひとり死」と言っている理由も

ここにあります

 

私も息子はいますが

正直、かなり疎遠です

コロナ禍の中でも、年賀状どころか、メールの返事もよこさないくらいで

これは、この子と将来同居しても

一つ屋根の下で「疎遠」になるだけだろう

体だけがそばにいて、心が離れている方が

完全に一人きりのときよりも、ずっと孤独で、さびしいだろう、と

思ったからでもあります

 

それに、子供は子供の生活があり、会社で働いてくたくたになって帰ってくるのに

家でも、老いた親の姿を見せ、気持ちの負担になるのも

すまない気もしますし、まして、帰宅してからも介護というお仕事をさせるのでは

あんまりだと思ったからでもあります

 

多分、あの息子だったら

私が要介護になって同居していたとしても

仕事がうまくいかなくてイライラしているときには

「一人になりたい」とばかりに

顔を合わせようとはしないでしょうし

宴会などで酔っ払って帰ってくれば

人事不正で、寝てしまうでしょう

 

自分に引き当てて考えてみると

在宅孤独死など、実に簡単に起きそうな気がします

 

そうなると、やはりここは、自分のことは自分でする

ありがたいことに、今はALSOKやSECOMなど

ほとんどのホームセキュリティー会社が

ピンチの時にはペンダント式のボタン一つ押せば

駆けつけてくれる、という見守りサービスをやってくれています

老後資金をきちんとためて

こういうサービスに入会し、いざというときは自分でボタンを押す

有料の分、「お金をとれるプロのサービス」をお願いするほうが

ほかに、やることをたくさん抱えている

子供や家族のサービスをイライラしながらあてにするより

確実のような気がしています

 

あと15分くらいです

ワクワクしながら、テレビの前で番組を待とうと思います

 

さて、今日の支出ですが

昨日少し予算オーバーした分、今日はノーベイデイで乗り切りました

いよいよ、あと二日

ここまで来たら、なんとしても黒字で

「自分ボーナス」の日をホクホクと迎えたいものです

 

 

 

残枠(4月15日まで)

消費          5975円

コロナ支援         2000円

+3500円(キャリーオーバー)

投資          4582円

予備費                 4000円

管理費積み立て    2千円

  

貯金総額

プール貯       25157

家管理費積み立て   4千円

  

税金用取り分け        30000円

自分用小遣い       2280

 

定年後用貯蓄    237万4千円

             

目標残額       763万6千円

松山英樹選手のマスターズ優勝に思うこと・私も続きます宣言

私自身は、あまりゴルフが好き、というわけではありません

ただ、父はスポーツの中で一番好きなのがゴルフです

土曜日のゴルフの中継は、時々お付き合いで見ることがあり

父の解説を聞いているうちに

だんだん面白さがわかるようになってきました

 

三日前からのマスターズも、

父に教えてもらいながら、手の空いた時間に

(何しろ、全部見ると時間がかかるうえに

 時間も明けがたになってしまうので)

ちょこちょこ見ていました

 

マスターズは、ほかの試合よりも格が高くて

優勝経験者以外は主催者から招待されなければ

参加することもできないこと

優勝者には、特別な商品として

「グリーンジャケット」が贈られること

正直、そんなにカッコいいというような服ではないけれども

何よりの栄誉であること

世界のトップ選手が集まる大会なので

タイガーウッズでさえ、二回しか優勝はできていないこと

いろいろ教えてもらいながら

もうちょっと早く終わるといいのになぁ、とぼやきつつ

見ていました

 

日本人選手は一人だけ

それでも、世界ランキングでは25位の選手で

ガンガン勝ち進むような選手ではない、と解説してもらったのが

松山選手でした

初日は、確かにベスト10くらいのポジションでしたが

二日目は、何かがとりついたか、と思うくらいの絶好調

どのショットをとっても、「本日のベスト」になりそうな

スーパーショットばかりで

いきなり、トップに躍り出ました

 

そして、三日目、最終日ですが

トップなので、登場するのは一番最後

時差があるので、日本時間では夜の三時半からとのこと

そこで、父に頼まれました

ちょうど、たまたま今日はお休みをとっていましたので

朝の七時くらいに中継をつけてみて

松山がベスト5に入っていたら起こしてくれ

それ以下だったら起こさなくていい、とのこと

 

七時くらいなら、休日でも起きていますので

はいはい、と請け負って、今朝の七時、テレビをつけてみたところ

「松山 単独首位』のテロップが画面にかかっています

うれしいショックで、すぐに父を起こしに行き

父もすぐに飛び起き、テレビにかじりつきました

私も途中までは一緒に見ていたのですが

どうも、松山の調子が昨日と比べてかなる悪いようです

ヒヤヒヤしながら見ていましたが、

途中、確か15番ホールでしたか、打ったボールが

池に落ちてしまい(俗にいう「池ポチャ」です)

ペナルティーの一打をとられてから

もう、とても見ていられなくて

洗濯物を干したり、食器戸棚の整理をしたり

挙句のはてに、朝ドラを見に行っていたところ

ドラマのテロップに入った速報で

松山選手のマスターズ優勝を知りました

 

本当に、おめでとうございます

 

私が子供のころから

ゴルフに限らす、「日本人には向かない」

「日本人はこれはダメだ」と言われるものがたくさんありました

例えば、バレエです

体型がずんぐりむっくりで、何より有色人種の日本人には

バレエは踊れない、と言われてきました

それを書き換えてくれたのが、女子では森下洋子、男子では熊川哲也でした

 

野球も、

「ベースボールと野球」は別のスポーツ、と言われていました

ストライクゾーンが違うことや、球場の大きさが全然違い

日本のホームランの飛距離がすると、日本ではホームランでも

アメリカではフライだと言われてきました

野茂が一人でアメリカにわたり、初めてこれは嘘だと証明してくれました

 

そして今日

日本人はドライバーがとばないから

ゴルフは無理

そこそこ入っても、優勝はできない、と言われていたのを

松山選手が嘘だと証明してくれました

 

優勝後のインタビューでは

ほかの日本人も自分に続いてほしい、と言っていました

 

はい、続かせていただきます

と言っても、ゴルフでではありません

私の日常の生活の中で

年だから、やっても無駄だから、と自分で壁を作ったり

始める前からあきらめたり、という

「逃げ」と「言い訳」を捨てて、前に進む

そういう生き方を、真似させていただきます

 

ちなみに、今晩のメニューは

切り落としですが、マグロのお刺身にして

松山選手の優勝を祝わせてもらいました

勇気をいただきました。ありがとうございます

 

さて、今日の支出ですが

マグロのお刺身に加えて、お弁当用のお惣菜を

少しばかり仕入れてきました

ここ数日、ノーベイデイが続きましたので

今日の買い物予算は二千円にしていましたので

今日の買い物額は「まずまず」です

自分ボーナスまで、あと二日

なんとしても黒字にしたいものです

 

支出

消費(魚、弁当用)  1936円

 

 

残枠(4月15日まで)

消費          5975円

コロナ支援         2000円

+3500円(キャリーオーバー)

投資          4582円

予備費                 4000円

管理費積み立て    2千円

  

貯金総額

プール貯       25157

家管理費積み立て   4千円

  

税金用取り分け        30000円

自分用小遣い       2280

 

定年後用貯蓄    237万4千円

             

目標残額       763万6千円

豊かさと幸せの一つの形・日本版「赤毛のアン」の「やまと尼寺精進日記」

日曜日には、毎週とりためていたビデオを見るのですが

中でも、お昼ご飯の後で、丁寧にいれた緑茶をおともに

見るのを楽しみにしている番組があります

NHKのBS で毎週火曜日のお昼に放送している

「やまと尼寺精進日記」です

 

とても簡単に言ってしまうと

奈良県の小さな村、その山奥の山寺の生活を

ドキュメンタリー、というと少し堅苦しいです

むしろ、「映像エッセイ」といったほうがいいでしょうか

 

車も入らないような細くて急な坂道を上がった

山の中腹にある、小さなお寺

ここで暮らしているのは、女性ばかり三人

御住職の密栄さんと、若い副住職の慈瞳さん

それに、お手伝い歴7年くらいの「まっちゃん」です

 

この三人の住んでいる小さな世界は

究極のスローライフです

番組を見る限りでは、スーパーなどへの買い出しもしていないようですから

そもそも、現金を所持しているのかどうか

水道さえも引いていない、というよりも

あまりにも山の中なので、水道が通りません

山の水を、あれは竹でしょうか、管でひいて生活用水に使っていますが

不思議と、一度も枯れたことが無いのだそうです

 

ガスも通っていないようです

冬はまきストーブです

まき割も、副住職の慈瞳さんが元気にやっています

 

食べ物は、京都あたりでいえば「托鉢」ということになるのでしょうが

どこか、もっとのんびりとしています

籠をもって、里に下りていくと

里の農家のしりあいが、

ここからここまで、どうぞ、と

育てている野菜を分けてくれます

秋には、米の初穂、渋柿、冬にはキンカン

年末には、自宅で作った鏡餅をおそなえに

真冬の細く、くらい山道を登ってきてくれます

 

春のこの時期だと、畑の土手に勝手に生えている

野草の「ノビル」を掘らせてもらったりもします

親しい農家の「じゅんこさん」曰く

食糧危機にならなければ食べない

鹿も食べない、というノビルですが

枯れたところをとって、丁寧に洗って、ゆがいて

あとは、甘辛くにたシイタケやニンジン

メインの春雨と合わせれば

彩鮮やかな、中華風サラダの出来上がりです

美味しくできたので、今度は

野菜を分けてくれた「じゅんこ」さんにお料理をおすそ分けです

 

もらってきた高菜を塩漬けにしたり

キンカンは甘く煮たり

里の皆さんと、揚げ物なべを持参で

春の山菜をとってすぐにその場であげて

てんぷらにして、食べる

素朴だけれど実に楽しそうな、グルメピクニックをしてみたり

 

30年前、ご住職の密栄さんが来られた時は

廃墟も同然だったお寺が

暖かく、幸せなコミュニティーになっています

 

これを見ていて、ちょうど日本の、「赤毛のアン」だと思いました

お金をたっぷりかければ

ゼイタクなものはどんどん手に入ります

ですが、ゼイタクと幸せはイコールではありません

それに、お金がたくさんかかるということと

心が満足する、本当の贅沢とも

イコールではないのだと思います

 

特に、この尼寺の三人は何でもないことでも良く笑います

お寺の縁側に座って、日向ぼっこをしながら

手作りのお昼ご飯を食べながら

「うんめぇ~」と大声を出しては

おばあちゃんみたいだ、と笑いあいます

これを見ていると、私は最後に笑ったのはいつだったろう、と

ふと考えたりしたくなります

 

尼寺、という宗教施設のことですから

確かに浮世離れしていて、普通の生活とは違うのかもしれません

ですが

確実に、豊かさと幸せの一つの形を

テレビ画面を通じてでも、見ることができるのは

この、コロナの時期になんだかとて大切で

幸せなことなのではないか、と思えてきます

 

さて、今日の支出ですが

「やまと尼寺精進日記」のおかげか

今あるもので十分、という気になりました

今日は大根炒めと、無限キャベツを作り

あとは、豚の生姜焼きでサッと済ませます

なので、ノーベイデイを達成することができました

 

この分なら、15日まで黒字で終われそうです

いよいよ、「自分ボーナス・満額」が

近くなってきました

 

 

 

残枠(4月15日まで)

消費          7911円

コロナ支援         2000円

+3500円(キャリーオーバー)

投資          4582円

予備費                 4000円

管理費積み立て    2千円

  

貯金総額

プール貯       25157

家管理費積み立て   4千円

  

税金用取り分け        30000円

自分用小遣い       2280

 

定年後用貯蓄    237万4千円

             

目標残額       763万6千円

世の中の動きについていくための、ささやかな方法

以前、コミック「進撃の巨人」の連載が

今週で最終回を迎えること

読みたいとは思うのだけれど

連載している雑誌はまず完売するだろうし、

かといって、「進撃の巨人」しか読まないのに

雑誌一つ予約するのも、もったいないし、という話を書きました

 

掲載誌は、やはり完売していました

今日、見ていた報道番組によると

掲載誌は普段の二倍印刷したものの

都内の本屋さんほぼ全部で売り切れているそうです

 

それが

私は読めました、掲載誌で、

しかも、発売当日の朝七時に、無料で、です

まあ、正確に言えば「読ませてもらった」なのですが

 

私は時差通勤をしているので

出社はほかの人よりも約一時間半早くなっています

冬場はまだ日が出きっていない時間に

電車に乗ります

さすがにこの時間帯だと、ゆっくり座って通勤できるので

たいてい、うとうと眠りながら職場につきます

普段の「座れる電車」に乗ると

始業時間の約15分くらい前に職場につきますので

モーニングコーヒーを入れたり、スマホで音楽をかけたりしながら

まだ誰も来ていないオフィスで、少しのんびりして

時間になったら、活動開始、というパターンなのですが

 

進撃の巨人」の発売日だけは

誰かが先に来ていました

珍しいな、何か緊急事態でもあって

上の人が招集されているのかな、と思いつつ

明かりの漏れているドアを開けると、

私のオタク仲間の隣の部署の男の子が一人

応接コーナーの長椅子に、

ぐてっ、と「座る」と「寝そべる」の中間のような姿で

陣取っています

 

そして、その手にはレアもの中のレアもの

その日に発売になったばかりの「進撃の巨人」の掲載誌が……

 

まだお店も開いていないのにどうして、と思う気持ちと

こんなに早く、何があったのかと思う気持ちで

目をぱちくりさせていると、事態を説明してくれました

 

きいてみると、案外と単純なことでした

私のオタク友達(略してオタ友」と書きます)は
本は書店やネットではなく、コンビニで買ったのだそうです

本当なら、コンビニに配送の車がくる

夜中の二時か三時くらいに買いに行けば、確実に手に入るけれど

職場はオフィス街の中にあるので

さすがに、このオフィス街の真ん中まで

コミック一冊、終電が終わった後で買いに来る人もいないだろう

でも、朝一番、出社する前に買いに来る人は多いはずだから

ちょっと早起きをして、まだ誰も出社してこないくらいの時間に

オフィスに一番近いコンビニに、一番乗りで飛び込めば

必ず買えると思った、とのことでした

買った後は、まだ外は寒いので

オフィスに行って、出勤時間になるまで

のんびりとコミックを読んでいればいい、と思ったそうです

 

なるほど、これで疑問は氷解しました

とはいえ、オタ友の本来の出勤時間までは

まだ一時間以上ありそうでしたので

私の、とっておきのショウガ入り甘酒を一杯あげて

とにかく、会議室あたりが開いているから少し眠りなさい

本来の出社時間の十分前になったら

起こしてあげるから、今のままではとても仕事にならないでしょう、とすすめると

素直に、お言葉に甘えます、と立ち上がりついでに

読んでていいっすよ、自分、もう読み終えたので、と

掲載誌を渡してもらえました

もちろん、私の勤務時間になるまで

じっくり読ませてらいました

 

で、今日の結論です

コンビニで本を買う、という発想はありませんでした

しかも、売り切れないように少し早く出社する、という発想は

ますますありませんでした

世の中は、どんどん変わっているのだと思います

変化に遅れず、ついていくには

話したり、付き合ったりする人を限定せずに

いろいろな世代、特に私より若い人を大事にして

いろいろと教えてもらうのも大切だと思いました

 

ちなみに

進撃の巨人」の最終回は見事でした

まとめようがないだろう、と思った話を

きれいにまとめきれていました

実にいいものを読めた、と思います

作者の諌山先生、お疲れさまでした

 

さて、今日の支出ですが

こんばんは麻婆豆腐にしましたので

食材の足りない分と、炭酸の飲み物だけを買ってきました

本当は、ノーベイデイを狙っていたのですが

買ったものが物だけに、まあ、仕方がないか、とも

思っています

残枠(4月15日まで)

消費(豆腐、肉等)    871円

 

 

残枠(4月15日まで)

消費          7911円

コロナ支援         2000円

+3500円(キャリーオーバー)

投資          4582円

予備費                 4000円

管理費積み立て    2千円

  

貯金総額

プール貯       25157

家管理費積み立て   4千円

  

税金用取り分け        30000円

自分用小遣い       2280

 

定年後用貯蓄    237万4千円

             

目標残額       763万6千円

紅茶専門店・ルピシアの夏の福袋が予約開始!!

今年も、このシーズンがやってきました

四月の第一週は毎年

紅茶専門店ルピシアの夏の福袋の受付スタートの時期です

 

ルピシアは、ちょっとおしゃれな商業施設や

デパ地下でよく見かける紅茶専門店です

取り扱う種類も多く、確かにおいしいのですが

やはり、それなりにのお値段はします

なので、私は定価で買ったことはありません

 

というのは、ルピシアは夏と冬

年に二回、「福袋」を売り出してくれるからです

どちらもほぼ半値、定価の倍の分量が入っていますので

年に二回買えば、ほかのときには紅茶を買う必要はないくらい

たっぷりと、惜しげなく飲むことができますし

何より、一年を通じて

特別おいしい、トップブランドの紅茶を飲めるのは

なんともうれしい限りです

 

ルピシアのお店でも予約できますし、

今なら、ネットでの通販予約も受け付けています

ただ、ネットで買うと220円の送料がかかりますので

お店に行くまでの足代とどっちが安いか

通勤定期と相談、というところかもしれません

 

ルピシアの福袋のちょっと面白いところは

まず、分量によって、松・竹・梅の3コースがあること

ちなみに私がいつ買うのは竹コースです

1日2杯程度飲んで、半年くらいでちょうどなくなる程度の分量です

コースを決めたら、次に内容を選びます

これが、種類が多すぎて本当に迷います

まず、ティーバックか、リーフティー

次に、ノンフレバー(つまり、純粋な紅茶のことです)

フレバーか(果物や花の香りがついているかどうか、です)

他の種類も入れるか(ウーロン茶や緑茶が入ります)

ノンカフェイン、ローカフェインにするか

なんと、10種類のコースがあり、その中から好きなものを選びます

私がいつも選ぶのは、ノンフレバーティーバックですが

定番のアールグレイのほかに、ウバやセイロンのような

真っ向勝負の正統派

高級品の代名詞、紅茶のシャンパンこと、ダージリンのストレートフラッシュ

そのほかに、ブレンドティーが2つか3つ入っているのが普通です

 

冬の福袋は、あっという間に売り切れてしまうのですが

夏の福袋は、そんなには知られていないのか

少し時間にゆとりがあります

お茶好きの方には、ぜひおすすめです

 

さて、今日の支出ですが

近所のスーパーで、野菜を少々と

食べきってしまったチーズを買ってきました

ちょっと変わったチーズは無いかな、と探してみたところ

ベビーチーズというのでしょうか

小さな四角形のチーズが4つ1パックになったもので

「ワサビ味」というのを見つけました

美味しいのか、美味しくないのか

とにかく、食べてみなくてはわからないので

物はためし、と一つ買い込んできました

明日の朝、食べるのが楽しみです

 

支出

消費(野菜等)   1348円

投資(製菓材料) 418円 

 

残枠(4月15日まで)

消費          8782円

コロナ支援         2000円

+3500円(キャリーオーバー)

投資          4582円

予備費                 4000円

管理費積み立て    2千円

  

貯金総額

プール貯       25157

家管理費積み立て   4千円

  

税金用取り分け        30000円

自分用小遣い       2280

 

定年後用貯蓄    237万4千円

             

目標残額       763万6千円

金銭トラブル釈明の、コムロ文書を読みました(長かった)

これには私も驚きました

つい昨日、「すまじき物」(やるべきではないこと)というタイトルで
「宮仕え」「聖火リレー」「東京オリンピック

次点で

マコ様とKの結婚、と書いたとたん

今日いきなり、「K」、つまりコムロサンが

金銭トラブルの釈明文書を出した、というニュースが

飛び込んできました

 

これまで四年間もだんまりでいて

私がブログに書いたその次の日に、釈明文書ですか

しかも、コムロ文書は28枚くらいの大作

我ながら、タイミングがものすごすぎて

さすがに少し引きました

(これは完全にたまたまです。 

 昨日のうちにブログを読んでくださった方は

 わかっていただけると思いますが

 本当に昨日アップしたもので、今日になって加工したわけではありません)

 

宮内庁の長官が、「丁寧に説明されている」といった、というので

好奇心も手伝って

とにかく、何が書いてあるか

長いけれども、読むだけは読んでみようと思いました

 

で、ざっとななめ読みですが、ザッと読み切りました

 

率直な感想ですが

くだらないですね

もともとこの結婚には反対でしたが

これを読み終えた今では、むしろ嫌悪感を感じています

 

簡単に要約すると

最初から最後まで「僕は悪くない」しか書いてありません

悪いのは、お母さんと結婚せずに逃げたあの男で

(コムロ文書の中では、お金を貸してくれた、お母さんの元婚約者の男性は

 お母さんとゴールイン寸前で一方的に逃げた

 悪人扱いされ、徹底的に非難をぶつけられています

 それまでずいぶん経済的に生活を支えてもらった人に対して

 あまりの踏んだり蹴ったりぶりに、

 読んでいて、多少はイライラしてくるくらいです)

僕は悪くない

お金を返さない方がいいと言ったのは、弁護士で

僕は弁護士のアドバイスに従っただけだから悪くない

話し合いをしようとしたのに、向こうがお金は返さなくていいと言ったから

そのまま放ってあるだけで、やっぱり僕は悪くない

読んでいて、何もかもを人のせいにしようとする

自己愛や幼さのようなものしか感じられませんでした

 

疑問に思ったところはたくさんあるのですが

それこそ長くなりますので

一つに絞るとすれば、学資に関するところです

要約すると

「学資は奨学金で自分で払った

 なのに、お母さんが勝手に、息子の学資にすると言って

 元婚約者から借金してしまった

 なので、いらなくなったそのお金

 入学祝代わりにもらっておいた

 この額が、200万円

………はぁ?………

通常の感覚なら、いらないお金なら

丁重にお礼を言って、お返ししませんか?

なんで「もらっておく」という結論になるのか

千円、二千円ならまだしも

二百万円なんて、勝手に「もらっておく」と言えるような

額ではないと思います

このあたりの金銭感覚が、少なくとも私とは全然違っていて

どうしても、お金に汚い、ずうずうしいとしか思えなくなりました

ついでに言えば、お母さんのやったことは

学資詐欺に近く見えてしまいます

 

何より、そのお金は借りたのではない、もらったのだ、とのことですが

お金をもらうと、贈与税がかかります

税金は払ったのですか? いつ? どこの税務署で?

もし払っていなかったら、脱税ですよ?

 

たとえ結婚していない、名目は婚約者でも

生活費を出してくれて、事実上結婚しているのと同じ状況なら

遺族年金は差し止められます

母親がやったこととはいえ、

年金が差し止められないようにと

口裏を合わせて嘘をついて隠してくださいと

元婚約者に頼んだメールも

すでに報道済みです

ということは、母親のやったことは

年金詐欺に当たるのではありませんか?

 れっきとした犯罪ですが

それについては、どう考えているのですか?

 

宮内庁長官、見損ないました

元警視総監だそうですが、ド素人の私でも気づくような

「犯罪行為」に、目をつぶるつもりなのでしょうか

菅政権と秋篠宮家は中曽根元首相の葬儀以来の

とても親密な「お友達」で

だからこそ、悪名高い『皇女制度』の案まで作ったのですが

長官もおこぼれにあずかろうとでも思ったのか

撒かれたエサは何だったのだろうと

疑いたくなるくらいの,タチの悪さです

 

 そもそも、今となっては

問題は金銭トラブルだけではないと思います

宮内庁職員のふりをして、マコ様と一緒に

数千万の豪華ヨーロッパ卒業旅行に行っていたという報道は本当なのか

日本では仕事がないのに、結婚したらどうやって暮らすつもりなのか

世間で言われているように、

マコ様の1億5千万の持参金で暮らすつもりなら、

確かに持参金目当てと言われても仕方がないのではないか

そもそも現在の生活費や、やとっている弁護士の料金

それに、往復の飛行機代だって、ただではありません。

誰が、どうやって払っているのか、赤の他人がどんな理由で払ってくれているのか

結婚後に、何らかの見返りをしますと約束しているのですないか

ききたいことは、山ほどあります

それには一切触れず、延々と金銭トラブルの話

母親の元婚約者の悪口ばかりです

しかも、かなり一方的で、元婚約者の話ともかなり食い違い

鵜呑みにできるようなものではないと思います

 

それだけではありません

世界中には、王族の結婚が国民から強く反対された例はいくつかあります

麻薬をやっていた女性までいます

それでも、マフィア・スキャンダルのある結婚をした人は一人もいません

この点も、はっきりさせてくれなくては

皇族の威信にも、場合によっては国の恥にもなりかねないと思います

 

長ったらしい文章の中には

私の聞きたいことは何一つ入っていませんでした

 

それでも、もう一つ探していた言葉がありました

もし、私が心から好きな人がいたら

一番つらいのは、その自分の気持ちを

「金目当てだろう」と言われることだろうと思います

なので、せめて一言

「持参金なんて要りません。ロイヤル特権も使いませんし

 暴露インタビューも応じません

 ただ純粋に、結婚したいです

 マコ様、身一つで嫁いできてください」

とでも書いてあれば、印象は全然違いました

 

書かれていませんでしたね、やはり

となると、この見事な長さの「論文」は

就活用のレポート、と思われても仕方がないでしょう

何しろ、この「就活」は成功すれば年収4000万かせげますから。

しかも、仕事は楽で、定年もない、いいことづくめです

 

 コムロ文書はずいぶんと長い割には

何も解決していないと思いました

だって、今や国民がこだわり、問題視しているのは

借金問題ではなく、この男の

人間性なのですから

 

次の文書は、申し訳ないですが

もっと短くしてください

何なら一言で構いません

「破談」だけで

 

さて、今日の支出ですが

うっかりとトイレットペーパーを切らしてしまうところでした

ドラッグストアにより、ついでにキャットフードとシャンプーを買い込んだら

あっという間に、このお値段です

食料品は控えましたが

しかたがないとはいえ、出費そのものは、

結構な額になっています

 

支出

消費(シャンプー等)   1071円

 

 

残枠(4月15日まで)

消費          10130円

コロナ支援         2000円

+3500円(キャリーオーバー)

投資          5000円

予備費                 4000円

管理費積み立て    2千円

  

貯金総額

プール貯       25157

家管理費積み立て   4千円

  

税金用取り分け        30000円

自分用小遣い       2280

 

定年後用貯蓄    237万4千円

             

目標残額       763万6千円

枕草子風に 「すまじきものは 宮仕え 聖火リレー 東京オリンピック」

今日は、やはりこれに触れないわけにはいかないでしょう

大阪でコロナの新規感染者が878名

過去最多を二日連続で更新です

大阪は医療緊急事態宣言を出し、

公道での聖火リレーも取りやめると発表しました

 

言いたいことはたくさんあるのですが

全部書くと、あまりにも長くなるので

とりあえず、二つだけに絞ります

 

その1は、「医療緊急事態って、何?」ということです

いろいろな宣言がありすぎて

結局、国民としては何をすればいいのかが

わかりにくくなっていると思います

そもそも、大阪をはじめとする近畿の感染爆発は

専門家が、まだ早いと言っているのに吉村知事が中心になって

強引に緊急事態を解除したことにあるのは

誰が見てもはっきりしていると思います

それが、ひと月もたたずに、また緊急事態宣言では

どうにもこうにも、かっこうが付かないから

あれこれとほかの名前を付けて、ごまかそうとしているのが

透けて見える、というよりも、かなりはっきりと見えていると思います

 

二つ目は、それでもまだ、聖火リレーをするのか、ということです

ニュースで愛知の聖火リレーを見ましたが

間違いなく、密でした

沿道にぎっしりと集まった人ごみの画像を見ながら

二週間後がどうなることか、もう「愛知も終わったな」と思いました

 

確かに、公道を避ければ、そこまでの密にはならないでしょう

ですが、たとえスタジアムで無観客のリレーをしたとしても

「間違ったメッセージ」は伝わります

国や地方自治体が率先して、

人の集まるイベントをやっているのだから

「厳しいことを言っていますが、これはあくまでクチだけですからね

 建物の外で、マスクと手洗いをしていれば

 少しくらい密でも、なんでもありませんからね」と言っているのと同じです

民間に緩むな、と言っても、無理な相談というものでしょう

 

大阪は、数日中には一日千人を超える感染者が出るでしょう

病床は足りているのでしょうか

また今回も、看護師さんが不足したりはしないのでしょうか

前回は、近畿の他の県には多少ゆとりがあり

人を回してもくれましたが

今回は、奈良も、和歌山も、もちろん兵庫も

それどころの騒ぎではありません

最多を更新した県もたくさんありますし

唯一感染が少なく見える京都は

検査数を絞り、熱と咳、味覚障害くらいでは

PCRまでたどり着けない、悪名高い検査体制をとっています

花見シーズンにあれだけ観光客が来ていた京都ですから

検査数を増やせば、結果がどうなるかは

いうまでもないと思います

 

のんびりと聖火リレーなど

やっている場合ではないと思います

のんきにもほどがあります

もっと、感染防止に本腰を入れないと

まさに、手の付けられない事態が

全国的に起きてくると思います

おそらく、第四波は第三波の倍以上

今月中に医療崩壊は必ず起きると思っています

 

そうなると

オリンピックはできない、というよりも

実際に感染が広まっている地域で

オリンピックなど、開いていいものか

他国の選手を、危険な地域に、危険だと知りつつ招いていいものか

国際的な批判を浴びるだけだと思います

 

清少納言は、枕草子の中で

すまじきもの、つまり、やらない方がいいもの、として

宮仕え、と言っていますが

あと二つ、付け加えてほしいと思います

すまじきものは、

宮仕え、聖火リレー東京オリンピック

ついでに時点で、マコ様とKの結婚でしょうね

 

さて、今日の支出ですが

買い物は控えました

生協の注文だけです

先日書いた、安いけれどロットが大きくて

一つと一つの品物が大量になってしまう、という

スーパーで買ってきたものをポチポチと食べています

まだ明日まで、食料品は買わずに済みそうです

 

支出

消費(生協)      4668円

 

残枠(4月15日まで)

消費          11201円

コロナ支援         2000円

+3500円(キャリーオーバー)

投資          5000円

予備費                 4000円

管理費積み立て    2千円

  

貯金総額

プール貯       25157

家管理費積み立て   4千円

  

税金用取り分け        30000円

自分用小遣い       2280

 

定年後用貯蓄    237万4千円

             

目標残額       763万6千円