老活、始めました~貯金目標・定年までに2000万~

55歳、手取り23万のバツイチシングル女子が、定年までに1000万の貯シングル女子が、定年後の「人生の放課後」を楽しく生きるための準備をします。家計簿は毎日公開、定年までに2000万円かくほするのが目標ですが、お金を使わずに楽しく暮らす方法も提案します。

熱海一人おしゃれ旅行記②

一泊二日の予定で出かけた

熱海一人旅行ですが

一日目の日程は「熱海一人おしゃれ旅行記①」に

まとめておきました

今日は、二日目の日程をまとめてみます

 

私が止まったのは「KKR熱海」

早い話が、公務員向けの保養所です

なので、立地が少々悪く、駅から少し歩きますが

そのかわりに、全室が海向きの、オーシャンビューです

私の止まったシングルルームは

ワンルームマンション風の部屋だったとはいえ

ベッドは普段使っているものよりも三回りくらいは広く

両手両足を伸ばして、ぐっすりと眠れました

 

オーシャンビューとはいえ

着いた時には、もう日が落ちてしまっていましたから

海と言っても、ただ暗いだけで

ほとんど、風景は楽しめなかったのですが

朝となれば、話は全然違ってきます

 

私は、普段は朝は五時起き

六時十五分くらいには家を出る、という

早朝時差出勤をしていますから

大体、朝日の昇る時間は分かっています

この頃は、朝の五時はまだ完全に真っ暗で

夜と同じように電気が必要です

朝、家を出るくらいに、うっすらと夜が明けはじめますから

起床は六時、と決めました

六時に起きて、大浴場にダッシュ

海に朝日が昇るのを見ながら

ゆっくりと露天風呂、というコースです

 

完璧に、上手くいきました

ちょうど、その日は快晴でした

まだ、かなり肌寒い時間に露天風呂に行き

水平線のあたりが、黒から灰色になり

次第に桃色に染まり

オレンジ色っぽい太陽が昇り

次第に高くなってきた太陽がまぶしてく直視できなくなり

海の上に映る日の光も直接は見られなくなったくらいの時間に

ゆっくりとお風呂から上がり

冷水を一気飲み

いい気分で部屋に戻り

洗い髪を整えてから朝食です

 

この朝食がたっぷりとありすぎました

私の大好きなアジの開きと、甘い卵焼き

お野菜も煮物もついて、お味噌汁は

しゃぶしゃぶ風に、一人用の小さなコンロで温めてくれます

どれもおいしくて、完食した結果

お昼になっても、すこしもおなかがへらず

予定していた昼食は抜くことになるのですが

それはまた、別の話でして

 

チェックアウトは朝10時

送迎バスもあったのですが

せっかく、熱海に来たのですから

お宮の松でも見ていくか、というよりも

これだけ海の近くにいて、部屋の窓からし

海を見ないのも、おもしろくなかったので

ぶらぶらと海岸の坂を下りて、

お宮の松まで、十分弱を歩いていきました

ここからは、海岸の砂浜まで下りられます

f:id:chokkina:20211206213759j:plain

11月の海ですから、人気はありません

ほとんど私一人の貸し切り状態で

遠くで漁船らしき船が動いているのが見えるだけです

波うち際の水が澄んでいて、きれいでしたし

波の音が、とても心地よく聞こえました

考えてみれば、海に来たのも、10年ぶりくらいです

持参したレジャーシートを敷いて

何も考えずに、まさに、「心を無にして」

海を味わっていました

 

最後に行くところも、もう決めています

お宮の松」バス停から、バスで約10分

「熱海梅林」の紅葉祭りです

これは、熱海という名前はついていますが

電車では、熱海の隣の駅で

温泉街とは少し離れています

おまけに、梅園というよりは

山肌を少し削って、梅を植えた、というようなところで

入場は無料ですし

小さいながら滝などもあって

かなり風情のあるところなのですが

小さな売店はあるものの

レストランや、カフェなどもありませんし

どうにも、坂がきついので

ワイワイ騒ぎたい人、というよりも

ある程度、歩くのが好き

特に、山歩きが苦にならない人向け

つまり、典型的な私好みのスポットです

ワクワクしながら、出発しました

 

想像以上に、きれいでした

f:id:chokkina:20211206214842j:plain

さすがに温泉地だけあって

水が豊かに湧いています

坂のきつい公園だけあって

湧き出たみずが、勢いのよい、小さな渓谷のようになっています

東京都には、唯一の天然渓谷の

等々力渓谷」というのがありますが

水の豊かさと流れの速さを取れば

ここの小川の方がずっと上です

 

f:id:chokkina:20211206215135j:plain

小さな滝は、こんな感じで流れ落ちています

実は、滝の裏側はトンネル状になっており

後ろから、滝の水が流れ落ちているのが

見えるようになっています

写真も撮ったのですが、水の流れがあまりに早くて

ピントがぼけてしまったので

こちらをアップすることにしました

 

しかも、一番上まで登ると

この時期限定で、無料で足湯の公開もあります

熱海駅の正面にも

「家康の湯」という足湯はあることはあるのですが

ここは、満員電車並みにぎっしりと人が集まっていて

肩が触れるくらいの位置で座っているうえに

私が熱海についた時には

平日の昼間だというのに、順番待ちの人までいました

たまたまだったのかもしれませんが

後ろで順番を待たれていたのでは

たとえラーメンでも、ゆっくりとは食べられないタイプです

駅前の足湯に入るなら

ここで、紅葉を眺めながら

ゆったりと楽しんだ方がよさそうだったので

ここで腰を据えることにしました

滝は眺められる、紅葉は楽しめる

おまけに、足湯は貸し切り状態

……貸し切り状態なので、

  お湯が少し熱めになっていたのは

  まあ、ご愛敬というものでしょう

  それに、私はお湯はぬるいよりも厚い方が好みです……

 

これで、二時半くらいです

あとは、バスで熱海駅まで帰り

熱海駅近くのお土産通りと

観光客向けのお土産センターのようなところで

父から頼まれた、カマスの干物と、私の大好物のアジの干物

それから、お店の人に

この時期で、一番おいしい干物を推薦してください、といったところ

これがいいですよ、と勧めてくれた、イボダイの干物

あとは、前々から狙っていた

スクエアシュークリーム

塩キャラメル、カスタード、クリームブリュレ味の

三つを買って、帰りの電車に乗り込みました

 

帰りも在来線の急行に乗り継ぎです

小田原で乗り換えだったので

これも、父のリクエストだった小田原の駅弁

「小アジの押しずし」を二人分買って

夕食にしました

この時間に乗り込めば

夕方の通勤、通学ラッシュになる直前に

家まで帰りつきます

梅園の坂道をハイキング並に歩いたのと

足湯にたっぷりとつかってきたので

心地よい疲れに浸りながら

あとは、ウトウト寝ながら電車を乗り継いで

家に帰るだけです

 

この二日間

海と、紅葉と、お風呂と、美術品と

美味しいものだけに触れて

何も考えずに、心を空っぽにして

完全リフレッシュをしてきました

 

関東に住んでいる方は

熱海は近いですし、温泉としてもリーズナブルですし

山あり、海ありで、自然にひたれますし

今回は行けなかったのですが、有名な神社もたくさんありますし

リフレッシュにはもってこいです

けっこう、おすすめですよ

 

ちなみに、同僚に

熱海のおすすめは、なんといっても

美術館、と話したところ

「熱海秘宝館?」と聞かれました

思わず

……MOA美術館に詫びろ

  MOA美術館に手をついて詫びろ……と

思ってしまったのは、内緒です

 

さて、今日の支出ですが

明日は生協が来ることもあって

ノーベイデイで乗り切りました

クリスマスも近いので

今週は、きちんと節約をして乗り切りたいところです

 

残額(12月15日まで)      

消費             17564円

コロナ支援          2000円

(キャリーオーバー 33700円)

投資           2500円

予備費                  4000円

家管理費積み立て   2千円

自分ボーナス残額   5602円

 

貯金総額

 プール貯         23000

 自分小遣い            1421

家管理費積み立て    4万4千円

 

定年後用貯蓄      389万0千円

目標残額      1611万0千円