55歳シングル女子が定年までに1000万円貯めるブログ

55歳、手取り23万のバツイチシングル女子が、定年までに1000万の貯金にチャレンジします。家計簿や、お金を使わずに楽しく暮らす方法も提案します。

コロナワクチン接種・二回目の接種の翌日

タイトル詐欺、と言われそうではありますが

ワクチンを接種したのは私ではありません

父です

 

五月の最初のワクチン接種のときは

有休をとって、ほぼ一日がかりで電話をかけて

やっとつながって、無事に接種が出来ました

二度目は、一度目の会場で

その場ですぐに予約ができたので

その点は安心だったのですが

 

何より心配なのは、副反応です

テレビのワイドショーでも

副反応は一度目よりも二度目の方がキツい

むしろ、一度目には何でもなかったのに

二度目には、発熱があったり

体中がだるくて、動くこともトイレに行くこともできないくらい

本当にひどい目にあった、だとか

オリンピックの選手でも、副反応がキツくて

練習ができなくなったり、体調が崩れたら大変だから

ワクチンは打たない、という人もいる、と報道されています

 

本当は、今日は有休をとって

万が一に備えて、家でスタンバイをするつもりだったのですが

急に急ぎの仕事が入りました

有休どころか、残業になるかもしれない、と言われ

後ろ髪をひかれる思いで出社しました

 

一日、気が気ではありませんでした

昼休みは私には珍しく売店で買った

ランチパックのサンドイッチ・横須賀カレー味と

ボスのカフェラテ

片手でつまみながら、お休み時間返上で仕事を続け

ゾーンに入ったような勢いでキーボードを叩き

寄らば斬るぞ、の勢いで仕事を片付け

ギリギリ定時に職場を飛び出しました

 

ともあれ、大急ぎでかえって来たところ

父はのんびりと

お気に入りのフォレスタのビデオを見ていました

……フォレスタというのは

  男女混合、10人くらいのコーラスグループです

  全員が音大の声楽科を出ているとのことで

  なんとも端正で正統派、品の良い歌い方で

  「荒城の月」から「いい日旅立ち」まで

  幅広いレパートリーを歌ってくれます

  父の一番のお気に入りのグループです……

 

熱もなければ、咳も、頭痛も、倦怠感も

副反応らしい副反応は何一つない、とのこと

今日はぬるめのお風呂にゆっくり入りたい、とのリクエストでした

 

拍子抜けをするくらい、安心しました

不意に、「母が守ってくれたんだ」と思いました

今週の週末あたりには

アジサイの花束でも持って

お礼がてら、母のお墓参りにでも行こうかと思っています

 

さて、今日の支出は

副反応ではないのだろうけれど

全く食欲が出ない、という父に

何か、少しでも喉を通りそうなものはないかと

しつこく聞いてみたところ

マーボー豆腐が食べたい、とのリクエス

材料一式と、ドライフルーツ、ナッツ類を少々

それに、夜になって少し値引きをしていた

イカとパイナップルの分です

 

わかっています、どうか何も言わないでやってください

食費だけで、2732円です

 

支出

 消費(生協)  2732円

 

残枠(6月15日まで)

 消費         4376円

コロナ支援         2000円

(キャリーオーバー 4000円)

投資          5000円

予備費                 4000円

家管理費積み立て   2千円

 

貯金総額

 

 プール貯       30000

 

家管理費積み立て 1万2千円

 

自分用小遣い       3002

 

定年後用貯蓄    280万1千円

             

目標残額       719万9千円