55歳シングル女子が定年までに1000万円貯めるブログ

55歳、手取り23万のバツイチシングル女子が、定年までに1000万の貯金にチャレンジします。家計簿や、お金を使わずに楽しく暮らす方法も提案します。

やっぱり、子供と同居はしたくない

今日は、昨日の続きのような話です

昨夜、NHKの「クローズアップ現代プラス」という番組で

子供と同居しているのに、親が孤独死をして

子供は何カ月も気が付かなかった、という事件の

特集をしていました

ぜひ見たいです、と書いたのが昨日のブログ

今日は番組の要約と、感想です

 

メインになっていたのは

父親と同居していた息子

父親の死後、何カ月もそのままにしていたというケースでした

一見、実に異様な事件なのですが

見ているうちに、特別なことではなく

誰にでも起こりうることのように思えてきました

 

もともと、このなくなった父親には子供は二人

息子と娘が一人ずつ

父親には持病があり、娘は結婚し、まだ幼い子供がいたため

同居は無理なので、一人暮らしをしていた息子のほうが父親を引き取った

その時に、「自分のことは自分でするように」と取り決めた

父親の職探しにも付き合うほどで

決して仲が悪いわけではなかった

それが、父親が仕事を見つけてからは

いかにも、「やってくれるのが当然」という態度になってきたので

話が違う、とばかりに、息子も食事を作らなくなった

あいにく、息子の仕事はドラッグストアの店長で

コロナの第一波が重なった

マスクが店頭から消え、それでもマスクは無いかと聞いてくるお客さんの対応で

まいにちとんでもなく疲れ果てて帰ってくる

父親とはすれ違いの生活になり、そういえばしばらく顔は見ていないけれど

今までも、父親はぶらりと一人で旅行に行っていたので

今回もそうだろう

そのうちに帰ってくるさ、程度にしか思っていなかった

 

父が亡くなっていたのに気が付いたのは2か月後

原因は持病の悪化だった

そのあとは、何をどうしてよいのかわからず

とにかく頭から父の死を消したかった

それでも、どうにもできず、死に場所を探してさまよっていたところを

姉が通報した警察によって保護された

 

というのが、事件のあらましでした

 

これに関しては、作家の重松清がコメントをつけていました

このコメントが、私が思っていたけれど

上手く言えずに、モヤモヤしていたことを

短い言葉でスッパリと言い切っていて

さすが作家だと思ったので、そのまま引用します

引用部分は青で、私のコメントは黒で書きます

 

それぞれの生活の時間帯が違う、かといって

 自分の時間に合わせろ、なんて言えませんしね

そうなんです

特に高齢者は朝が早くて、夜も早く眠くなる

けれども、それが現役のサラリーマンの生活の時間帯とは

重ならない、つまり、同じ家に暮らしていても

生活がすれ違ってくるわけです

 

 

一つの家の中に、一人暮らしが何本かあるようなもの

そうそう、私が一番言いたかったのがこれです

同じ家に住んでいても、生活が重ならない

もし、気持ちまで重ならなくなってきたら

これはもう、同居というよりも

貸間を借りている他人同士とさほど変わらないのではないかと思っていました

そして、もともとあまり性格が合わなかったり

仕事の負担が極度に重くなったりしたときには

家族にはほとんど気持ちが向けられなくなります

夫婦でこれが起きると、仕事ばかりで家庭に無関心な夫に絶望する妻と

誰のために働いていると思っているんだ、とむしろ怒る夫との

絶望的なすれ違いで、離婚沙汰などになるのでしょうが

老いた親の場合は、家庭内孤独死につながるのでしょう

 

家族は便利だけれど、万能ではありません

いいことを言いますねぇ

さすが作家さんです

完全ではない家族に、完全な結果を求めるから

起きなくてもいいゴタゴタが起きるのだと思います

 

で、結論ですが

「家族を信じる」ことが

家族の負担になってはいけない

「家族」にできることとできないことを

きっちりと見分けることも

必要なのではないかと思いました

 

というのも

例えば、先ほどの例の息子さんが

「食事を作ることも家族の仕事」と

会社から帰ってきてから、疲れた身に鞭打って

二人分の料理を作ったりせずに

お父さんに毎日、スーパーで

お惣菜を買ってきてもらっていたら、と思ってしまったからです

 

もっと言えば、

子供たちがお父さんを「引き取る」のではなく

お父さんに施設に入ってもらっていれば

(私個人は、施設には入りたくないと思っていますが

 それはちょっと別の話ということで)

とも思ってしまったからです

 

家族は便利だけれど、万能ではありません

まさに、至言だと思いました

私の座右の銘にして、

私が息子の重荷になることのないように

気をつけて生きていこうと思いました

 

さて、今日の支出ですが

ちょうど、ほんだしとブイヨンキューブ、その上、しょうゆまで

亡くなってしまいました

今日は調味料だけを買いに行ったのですが

それでも、生協の支払いがあったので

支出額はそこそこです

とはいえ、明日をクリアーすれば

晴れて自分ボーナスですから

明日は絶対に600円以内で支出を抑え

気持ちよく、次の期を迎えたいところです

 

支出

消費(生協)    4745円

消費(ほんだし他)   564円

 

残枠(4月15日まで)

消費         666円

コロナ支援         2000円

+3500円(キャリーオーバー)

投資          4582円

予備費                 4000円

管理費積み立て    2千円

  

貯金総額

プール貯       25157

家管理費積み立て   4千円

  

税金用取り分け        30000円

自分用小遣い       2280

 

定年後用貯蓄    237万4千円

             

目標残額       763万6千円