55歳シングル女子が定年までに1000万円貯めるブログ

55歳、手取り23万のバツイチシングル女子が、定年までに1000万の貯金にチャレンジします。家計簿や、お金を使わずに楽しく暮らす方法も提案します。

世の中の動きについていくための、ささやかな方法

以前、コミック「進撃の巨人」の連載が

今週で最終回を迎えること

読みたいとは思うのだけれど

連載している雑誌はまず完売するだろうし、

かといって、「進撃の巨人」しか読まないのに

雑誌一つ予約するのも、もったいないし、という話を書きました

 

掲載誌は、やはり完売していました

今日、見ていた報道番組によると

掲載誌は普段の二倍印刷したものの

都内の本屋さんほぼ全部で売り切れているそうです

 

それが

私は読めました、掲載誌で、

しかも、発売当日の朝七時に、無料で、です

まあ、正確に言えば「読ませてもらった」なのですが

 

私は時差通勤をしているので

出社はほかの人よりも約一時間半早くなっています

冬場はまだ日が出きっていない時間に

電車に乗ります

さすがにこの時間帯だと、ゆっくり座って通勤できるので

たいてい、うとうと眠りながら職場につきます

普段の「座れる電車」に乗ると

始業時間の約15分くらい前に職場につきますので

モーニングコーヒーを入れたり、スマホで音楽をかけたりしながら

まだ誰も来ていないオフィスで、少しのんびりして

時間になったら、活動開始、というパターンなのですが

 

進撃の巨人」の発売日だけは

誰かが先に来ていました

珍しいな、何か緊急事態でもあって

上の人が招集されているのかな、と思いつつ

明かりの漏れているドアを開けると、

私のオタク仲間の隣の部署の男の子が一人

応接コーナーの長椅子に、

ぐてっ、と「座る」と「寝そべる」の中間のような姿で

陣取っています

 

そして、その手にはレアもの中のレアもの

その日に発売になったばかりの「進撃の巨人」の掲載誌が……

 

まだお店も開いていないのにどうして、と思う気持ちと

こんなに早く、何があったのかと思う気持ちで

目をぱちくりさせていると、事態を説明してくれました

 

きいてみると、案外と単純なことでした

私のオタク友達(略してオタ友」と書きます)は
本は書店やネットではなく、コンビニで買ったのだそうです

本当なら、コンビニに配送の車がくる

夜中の二時か三時くらいに買いに行けば、確実に手に入るけれど

職場はオフィス街の中にあるので

さすがに、このオフィス街の真ん中まで

コミック一冊、終電が終わった後で買いに来る人もいないだろう

でも、朝一番、出社する前に買いに来る人は多いはずだから

ちょっと早起きをして、まだ誰も出社してこないくらいの時間に

オフィスに一番近いコンビニに、一番乗りで飛び込めば

必ず買えると思った、とのことでした

買った後は、まだ外は寒いので

オフィスに行って、出勤時間になるまで

のんびりとコミックを読んでいればいい、と思ったそうです

 

なるほど、これで疑問は氷解しました

とはいえ、オタ友の本来の出勤時間までは

まだ一時間以上ありそうでしたので

私の、とっておきのショウガ入り甘酒を一杯あげて

とにかく、会議室あたりが開いているから少し眠りなさい

本来の出社時間の十分前になったら

起こしてあげるから、今のままではとても仕事にならないでしょう、とすすめると

素直に、お言葉に甘えます、と立ち上がりついでに

読んでていいっすよ、自分、もう読み終えたので、と

掲載誌を渡してもらえました

もちろん、私の勤務時間になるまで

じっくり読ませてらいました

 

で、今日の結論です

コンビニで本を買う、という発想はありませんでした

しかも、売り切れないように少し早く出社する、という発想は

ますますありませんでした

世の中は、どんどん変わっているのだと思います

変化に遅れず、ついていくには

話したり、付き合ったりする人を限定せずに

いろいろな世代、特に私より若い人を大事にして

いろいろと教えてもらうのも大切だと思いました

 

ちなみに

進撃の巨人」の最終回は見事でした

まとめようがないだろう、と思った話を

きれいにまとめきれていました

実にいいものを読めた、と思います

作者の諌山先生、お疲れさまでした

 

さて、今日の支出ですが

こんばんは麻婆豆腐にしましたので

食材の足りない分と、炭酸の飲み物だけを買ってきました

本当は、ノーベイデイを狙っていたのですが

買ったものが物だけに、まあ、仕方がないか、とも

思っています

残枠(4月15日まで)

消費(豆腐、肉等)    871円

 

 

残枠(4月15日まで)

消費          7911円

コロナ支援         2000円

+3500円(キャリーオーバー)

投資          4582円

予備費                 4000円

管理費積み立て    2千円

  

貯金総額

プール貯       25157

家管理費積み立て   4千円

  

税金用取り分け        30000円

自分用小遣い       2280

 

定年後用貯蓄    237万4千円

             

目標残額       763万6千円