55歳シングル女子が定年までに1000万円貯めるブログ

55歳、手取り23万のバツイチシングル女子が、定年までに1000万の貯金にチャレンジします。家計簿や、お金を使わずに楽しく暮らす方法も提案します。

紅茶専門店・ルピシアの夏の福袋が予約開始!!

今年も、このシーズンがやってきました

四月の第一週は毎年

紅茶専門店ルピシアの夏の福袋の受付スタートの時期です

 

ルピシアは、ちょっとおしゃれな商業施設や

デパ地下でよく見かける紅茶専門店です

取り扱う種類も多く、確かにおいしいのですが

やはり、それなりにのお値段はします

なので、私は定価で買ったことはありません

 

というのは、ルピシアは夏と冬

年に二回、「福袋」を売り出してくれるからです

どちらもほぼ半値、定価の倍の分量が入っていますので

年に二回買えば、ほかのときには紅茶を買う必要はないくらい

たっぷりと、惜しげなく飲むことができますし

何より、一年を通じて

特別おいしい、トップブランドの紅茶を飲めるのは

なんともうれしい限りです

 

ルピシアのお店でも予約できますし、

今なら、ネットでの通販予約も受け付けています

ただ、ネットで買うと220円の送料がかかりますので

お店に行くまでの足代とどっちが安いか

通勤定期と相談、というところかもしれません

 

ルピシアの福袋のちょっと面白いところは

まず、分量によって、松・竹・梅の3コースがあること

ちなみに私がいつ買うのは竹コースです

1日2杯程度飲んで、半年くらいでちょうどなくなる程度の分量です

コースを決めたら、次に内容を選びます

これが、種類が多すぎて本当に迷います

まず、ティーバックか、リーフティー

次に、ノンフレバー(つまり、純粋な紅茶のことです)

フレバーか(果物や花の香りがついているかどうか、です)

他の種類も入れるか(ウーロン茶や緑茶が入ります)

ノンカフェイン、ローカフェインにするか

なんと、10種類のコースがあり、その中から好きなものを選びます

私がいつも選ぶのは、ノンフレバーティーバックですが

定番のアールグレイのほかに、ウバやセイロンのような

真っ向勝負の正統派

高級品の代名詞、紅茶のシャンパンこと、ダージリンのストレートフラッシュ

そのほかに、ブレンドティーが2つか3つ入っているのが普通です

 

冬の福袋は、あっという間に売り切れてしまうのですが

夏の福袋は、そんなには知られていないのか

少し時間にゆとりがあります

お茶好きの方には、ぜひおすすめです

 

さて、今日の支出ですが

近所のスーパーで、野菜を少々と

食べきってしまったチーズを買ってきました

ちょっと変わったチーズは無いかな、と探してみたところ

ベビーチーズというのでしょうか

小さな四角形のチーズが4つ1パックになったもので

「ワサビ味」というのを見つけました

美味しいのか、美味しくないのか

とにかく、食べてみなくてはわからないので

物はためし、と一つ買い込んできました

明日の朝、食べるのが楽しみです

 

支出

消費(野菜等)   1348円

投資(製菓材料) 418円 

 

残枠(4月15日まで)

消費          8782円

コロナ支援         2000円

+3500円(キャリーオーバー)

投資          4582円

予備費                 4000円

管理費積み立て    2千円

  

貯金総額

プール貯       25157

家管理費積み立て   4千円

  

税金用取り分け        30000円

自分用小遣い       2280

 

定年後用貯蓄    237万4千円

             

目標残額       763万6千円