55歳シングル女子が定年までに1000万円貯めるブログ

55歳、手取り23万のバツイチシングル女子が、定年までに1000万の貯金にチャレンジします。家計簿や、お金を使わずに楽しく暮らす方法も提案します。

枕草子風に 「すまじきものは 宮仕え 聖火リレー 東京オリンピック」

今日は、やはりこれに触れないわけにはいかないでしょう

大阪でコロナの新規感染者が878名

過去最多を二日連続で更新です

大阪は医療緊急事態宣言を出し、

公道での聖火リレーも取りやめると発表しました

 

言いたいことはたくさんあるのですが

全部書くと、あまりにも長くなるので

とりあえず、二つだけに絞ります

 

その1は、「医療緊急事態って、何?」ということです

いろいろな宣言がありすぎて

結局、国民としては何をすればいいのかが

わかりにくくなっていると思います

そもそも、大阪をはじめとする近畿の感染爆発は

専門家が、まだ早いと言っているのに吉村知事が中心になって

強引に緊急事態を解除したことにあるのは

誰が見てもはっきりしていると思います

それが、ひと月もたたずに、また緊急事態宣言では

どうにもこうにも、かっこうが付かないから

あれこれとほかの名前を付けて、ごまかそうとしているのが

透けて見える、というよりも、かなりはっきりと見えていると思います

 

二つ目は、それでもまだ、聖火リレーをするのか、ということです

ニュースで愛知の聖火リレーを見ましたが

間違いなく、密でした

沿道にぎっしりと集まった人ごみの画像を見ながら

二週間後がどうなることか、もう「愛知も終わったな」と思いました

 

確かに、公道を避ければ、そこまでの密にはならないでしょう

ですが、たとえスタジアムで無観客のリレーをしたとしても

「間違ったメッセージ」は伝わります

国や地方自治体が率先して、

人の集まるイベントをやっているのだから

「厳しいことを言っていますが、これはあくまでクチだけですからね

 建物の外で、マスクと手洗いをしていれば

 少しくらい密でも、なんでもありませんからね」と言っているのと同じです

民間に緩むな、と言っても、無理な相談というものでしょう

 

大阪は、数日中には一日千人を超える感染者が出るでしょう

病床は足りているのでしょうか

また今回も、看護師さんが不足したりはしないのでしょうか

前回は、近畿の他の県には多少ゆとりがあり

人を回してもくれましたが

今回は、奈良も、和歌山も、もちろん兵庫も

それどころの騒ぎではありません

最多を更新した県もたくさんありますし

唯一感染が少なく見える京都は

検査数を絞り、熱と咳、味覚障害くらいでは

PCRまでたどり着けない、悪名高い検査体制をとっています

花見シーズンにあれだけ観光客が来ていた京都ですから

検査数を増やせば、結果がどうなるかは

いうまでもないと思います

 

のんびりと聖火リレーなど

やっている場合ではないと思います

のんきにもほどがあります

もっと、感染防止に本腰を入れないと

まさに、手の付けられない事態が

全国的に起きてくると思います

おそらく、第四波は第三波の倍以上

今月中に医療崩壊は必ず起きると思っています

 

そうなると

オリンピックはできない、というよりも

実際に感染が広まっている地域で

オリンピックなど、開いていいものか

他国の選手を、危険な地域に、危険だと知りつつ招いていいものか

国際的な批判を浴びるだけだと思います

 

清少納言は、枕草子の中で

すまじきもの、つまり、やらない方がいいもの、として

宮仕え、と言っていますが

あと二つ、付け加えてほしいと思います

すまじきものは、

宮仕え、聖火リレー東京オリンピック

ついでに時点で、マコ様とKの結婚でしょうね

 

さて、今日の支出ですが

買い物は控えました

生協の注文だけです

先日書いた、安いけれどロットが大きくて

一つと一つの品物が大量になってしまう、という

スーパーで買ってきたものをポチポチと食べています

まだ明日まで、食料品は買わずに済みそうです

 

支出

消費(生協)      4668円

 

残枠(4月15日まで)

消費          11201円

コロナ支援         2000円

+3500円(キャリーオーバー)

投資          5000円

予備費                 4000円

管理費積み立て    2千円

  

貯金総額

プール貯       25157

家管理費積み立て   4千円

  

税金用取り分け        30000円

自分用小遣い       2280

 

定年後用貯蓄    237万4千円

             

目標残額       763万6千円